FC2ブログ

【大友克洋】AKIRAを読んで思ったこと・社会と戦えたのは不良だった、世紀末と政治と不良と

AKIRAを改めて読んだ。
世紀末、宗教、超能力、不良、研究機関、薬物、アメリカ
多くの要素は形状を変えながら90年代まで持ち越されていく。
ベトナム戦争、冷戦、チーマー、アメリカン・ニューシネマの影響を持ちながら
世紀末で行われた群像劇は、いかなる力を持っていたのか。
物語の歴史ということを考えたとき、AKIRAが上がることがあまりない気がしている。
それはあまりにも画・ファッションとしての影響力が多きすぎ、まずその点が目に行くからでもあろうし、内容がストレートに後世へ影響を与えてるようにも見えないからである。
そこで、一度物語の歴史の中で、AKIRAはどういう立ち位置にあるのか考えてみることにする。

超能力、軍事、研究機関、といったモチーフはエヴァンゲリオンにも見られ
エルフェンリートにつながっているだろう。
エルフェンリートなどと対比を行うことで、セカイ系のある00年代と80年代の差、または類似性が見えてくるように思えた。

以下雑多に解説

続きを読む

スポンサーサイト



プロフィール

佐々垣達郎(ささやん)

Author:佐々垣達郎(ささやん)
アニメ創作をしたいとか言いつつ早6年、いまだになんも仕上がってない現状はさすがにやばいんじゃないかね!?
最近はニコマス面白すぎて没頭中。

twitter https://twitter.com/sasagaki132

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR