FC2ブログ

【大友克洋】AKIRAを読んで思ったこと・社会と戦えたのは不良だった、世紀末と政治と不良と

AKIRAを改めて読んだ。
世紀末、宗教、超能力、不良、研究機関、薬物、アメリカ
多くの要素は形状を変えながら90年代まで持ち越されていく。
ベトナム戦争、冷戦、チーマー、アメリカン・ニューシネマの影響を持ちながら
世紀末で行われた群像劇は、いかなる力を持っていたのか。
物語の歴史ということを考えたとき、AKIRAが上がることがあまりない気がしている。
それはあまりにも画・ファッションとしての影響力が多きすぎ、まずその点が目に行くからでもあろうし、内容がストレートに後世へ影響を与えてるようにも見えないからである。
そこで、一度物語の歴史の中で、AKIRAはどういう立ち位置にあるのか考えてみることにする。

超能力、軍事、研究機関、といったモチーフはエヴァンゲリオンにも見られ
エルフェンリートにつながっているだろう。
エルフェンリートなどと対比を行うことで、セカイ系のある00年代と80年代の差、または類似性が見えてくるように思えた。

以下雑多に解説

続きを読む

スポンサーサイト



異世界転生についてのメモ

異世界転生ブームもひと段落ついたが、それより新しいジャンルが作らていないような昨今な気がしているが
異世界転生ブームとは何だったかについて
サブカル流行史、テーマ史の観点からメモをしていく
求められたら具体的なのかきます

異世界転生がネット小説の中でどう広まっていったかをまとめたものは、以下のタイトルで小説家になろう内でまとまっているので、そっちを参照されたし。

なろう批判を批判する!  〜昨今のなろう批判ブームに対し、背景を大して知らねーで語ってんじゃねーよ!!と思った古参が、新参向けに、なろうが勝者になった理由と歴史を書きなぐる話〜

 大枠
現代社会ではいかなる力を持っていても、善を成すのは難しいこと
ファンタジー世界には存在しうる善悪二元論的対立構造
MMORPGからの想像力。スキルやレベルという分かりやすさ等
ノベゲ・ループ系作品などの経験(マブラヴの閉塞的バッドエンド、それを打ち破るオルタ
転生、やり直しとして、または過去のしがらみと断絶させるために
まおゆうの境地である経済や技術の力、技術チートそれは現代文明の力への讃歌

 各論
無職転生におけるやり直し、大人と子供、幸せのための戦い
このすばという日常系、仲間と生きる楽しさ、ついでに悪は敗北する
悪役令嬢の力、女性向け恋愛ものの基本を押さえた構造として
番外
ゴブリンスレイヤー 世界は変わらず、しかし村は守られる
文明讃歌でもSFは流行らない、いまを讃歌するということ
世界はバカばっか、愚者としての権力者。
ドリフターズとFGO、艦コレ的手法。

ラブコメ、そしてボーイミーツガールの影響力

昨今でなくても学園ハーレムや萌えアニメが流行っているもんですが
これは広義としてラブコメととらえることが出来るのではないかと思います
この発想は、まあそうかもなと思われるかもしれない、わざわざ萌えとかハーレムをラブコメとくくってどうするんだとも思うからだ。
しかし、源流をたどってみると男性マンガにラブコメってなかったような

ラブコメとは何ぞやという定義自体から問題になるとは思うのですが
とりあえずは自分の感覚的なものを引っ張ってくることにします
ラブコメの時代をたどっていくとネギま、エヴァンゲリオン(補完など)やらエロゲ群がある
さらに源流をたどってみると高橋留美子やら柳沢きみおの月とスッポンが出て来るし
それにもしかしたら手塚作やけっぱちのマリアが入るかもしれない

しかし、源流は少女漫画にある、そして当初ラブコメというものは存在しなかった
というわけで、ラブコメ史草案を書き連ねてみる。
かいてみたらまるで名前が出てこないので、いろいろ読み直して加筆修正必須である。
正しいか確認してないことも多く、特に年代の雰囲気の不理解や作品そのものを読んでいないがゆえの誤解もあると思われる、気になる点があったらコメントしていただけるとありがたい。
少女まんがに関しての多くの情報を米沢 嘉博氏の戦後少女マンガ史のうろ覚えで行っているため
細かいことはそちらを参照した方がいい。
さらにいうと、追加で情報があれば足せるだけ足していくので重要そうなラブコメ作品、男性向け恋愛漫画があったら気軽にコメントにお願いします。


続きを読む

メイドインアビスは出来が良いが微妙じゃないかという話

メイドインアビスは出来の良い作品である
これが大前提
作画よし、音楽良し、コンテ良し、物語も真っ当に出来が良い

じゃあそれでいいじゃないかという向きもあるだろうが
それだけでいいわけではない
というわけで問題点2つ
キャラクター題材
ただ、日本人を客層としてとらえていない可能性がある



以下詳細

続きを読む

ネタバレあり【米澤穂信】ボトルネックにみる若者の虚無感【青春ミステリ】

小説読む量増やそうと考えてた中、
最近このミスでも人気なのだからと、ブックオフでよく考えずに買ったのがボトルネックである。
著者は米澤穂信だ。

この人は京アニが作ったアニメ、氷菓の原作である古典部シリーズの著者である。
アニメの氷菓を見ただけでも、ミステリ要素と心理描写の丁寧さ、そして二つの混ぜ方のうまさが見えて
原作者もすごいんだろうなぁ、なんてなんとなく想像していた人物だった。

そんな作者のボトルネックという作品。
心に突き刺さる一作だった


亡くなった恋人を追悼するために東尋坊を訪れていたぼくは、なにかに誘われるように断崖から墜落した……――はずだった。
ところが気が付くと見慣れた金沢の街にいる。不可解な思いで自宅へ戻った僕を迎えたのは、見知らぬ「姉」。もしやここでは、ぼくは「生まれなかった」人間なのか。
世界のすべてと折り合えず、自分に対して臆病。そんな「若さ」の影を描き切る、青春ミステリの金字塔

(内容紹介引用)

以下ネタバレ含む

続きを読む

プロフィール

佐々垣達郎(ささやん)

Author:佐々垣達郎(ささやん)
アニメ創作をしたいとか言いつつ早6年、いまだになんも仕上がってない現状はさすがにやばいんじゃないかね!?
最近はニコマス面白すぎて没頭中。

twitter https://twitter.com/sasagaki132

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR